神社仏閣の建築や修復にたずさわる大工が宮大工です!
宮大工は歴史をつなぐ技術者

宮大工の
仕事と役割

宮大工が手掛ける建築物

宮大工は、世界最古の木造建築と言われる法隆寺をはじめとする国宝や文化財の保護や、神社仏閣の建築・修復を手がけます。「仕口」や「継ぎ手」など、長年培われてきた“伝統の技”を用いて、手作業で木材を加工し、「木組み」と呼ばれる伝統工法で建築物を造るプロフェッショナルです。

「伝統の技」木組み工法とは

工場でカットされた木材を、釘や金物で補強する現代の一般的な建築物と違い、神社仏閣を建築する木組み工法は、建築物にかかる力や方向に応じて、適した木を配し、適切な加工を手作業で施し、木材を組み上げるものです。木組み工法は長年の経験によって培われた知識技術が必要なのです。

継承していく伝統建築

木組み工法は日本の気候風土に合っており、高い耐性をもつ工法で、長い歴史を経て現在まで伝わってきました。伊勢神宮では、20年に一度“遷宮”と呼ばれる社殿の造り替えを行います。これは、飛鳥時代から1300年に渡って継承されています。“遷宮”は、後世に建築様式を継承し、保存することも理由の一つとされており、携わる宮大工には“伝統の継承者”という役割もあります。

宮大工と一般的な大工との違いは?

知識面

建築学だけでなく、宗教学や史学といった幅広い知識が求められます。神社仏閣の場合、地盤から木材の種類、宗派による特徴、ディテールの意匠など、知っておくべき知識は建築学の範囲を超越します。

技術面

専門性・難易度が高い。代表的な手法が「木組み」。一般的な木造建築は、釘や金物が使われるが、木組みはそれらをほとんど使わず、凸凹に切込みの入った木と木をはめ合わせて建物を組み上げる。

経験値

座学による知識の習得だけでなく、実際に目で見て触った経験の集積が必須だと言われている。ほとんどの工程を手作業で行う木組みは、長い工期を要するが、それだけに施工完了時の達成感と喜びは大きい。

建築現場51年の親方
磯部 清純
担当科目:建築実習
元職業訓練校校長
長谷川 英夫
担当科目:建築設計
厚労省ものづくりマイスター棟梁
友崎 和己
担当科目:建築実技
建築設計事務所主催
本間 浩次
担当科目:建築CAD
在学中に経験値アップ!
SADOだからできる!リアルな実習がある!
数値で見るSADOの魅力
教育実績を詳しく見る!
オープンキャンパスでたしかめよう! 参加申込はコチラ!
学生が授業やキャンパスライフをレポート中♪ 学科ブログはコチラ!