社会人の方、建築系大学や専門学校を
卒業された方に最適な新コース!!

2020年4月新設 建築専科 1年制定員5名 「きっといつかは・・・」を今始める。
「自分の仕事を未来に残したい。」
「伝統建築に関わる仕事がしたい。」
いろいろな理由で今は違うことをしているが、想いを失くしたわけじゃない。
人のために家を建て、地域の人々のために社寺を修理し、日本の宝(伝統建築技術)を未来にツナグ仕事をする。
そんな人の想いに、リアルな学習環境を提供する建築専科。
その最大の特長は、それぞれのキャリアに合わせ、36の選択可能科目の中から、学びたい科目を自由に組み合わせて
自分だけのカリキュラムが作れること。

開設コース

伝統建築コース

伝統建築コース
伝統と文化の島「佐渡島」に点在する本物の伝統建築物を修復する実習にウエイトを置き、大工技術力と現場力を高めます。

建築士受験コース

建築士受験コース
2級建築士の受験科目を、個々の学習歴などを参考に個別選択しカリキュラムを作成。在学中の試験合格を目指します。

建築スキルアップコース

建築スキルアップコース
基本的な伝統建築技術の確認と技術力の向上を目指し、建築専門科目の学び直しにより、専門力の完成度を高めます。

主な科目

「実習系」
  • ●規矩術(伝統建築特殊技法)
  • ●建築技術(工具技術・仕口工作・加工)
  • ●建築技術(民家・社寺修復)
  • ●建築製図(木造住宅)
「講義系」
  • ●建築法規
  • ●建築計画(住宅・公共施設・都市計画)
  • ●建築構造(木構造・RC構造・S構造)
  • ●建築施工(施工計画・工事別施工)
主な科目
だから、専門職種に就職出来る!
安心の就職実績

伝統と文化の島「佐渡」だから
できることがある。

本物でリアルに学ぶ。~佐渡島だから実現できる現場実習~
『佐渡一国義民殿』 再建工事
『佐渡一国義民殿』 再建工事
佐渡は、新潟県唯一の五重の塔や世阿弥の在島で日本の能舞台の三分の一があるなど、京都・江戸文化の影響を受けた多くの建築物が点在し、修理などを通して技術力や現場力を高める環境が多くあります。
「佐渡一国義民殿」は1937年に、幕府の圧政に苦しむ農民達のため、一身を犠牲に直訴した義民の霊を弔うため、島民の浄財で建立しました。
経年劣化や落雷の影響で損壊した義民殿を、多くの市民からの寄付と義民殿再生実行委員会の依頼に、学生主体で再建しました。
実習実績をもっと見る
培った知識と技術を伝えるSADOのエキスパート講師たち
磯部 清純 氏

磯部 清純 氏

担当科目:建築実習

長谷川 英夫 氏

長谷川 英夫 氏

担当科目:建築設計

友崎 和己 氏

友崎 和己 氏

担当科目:建築実技

本間 浩次 氏

本間 浩次 氏

担当科目:建築CAD

オープンキャンパスでたしかめる!参加申込はコチラ!